FC2ブログ

雑記帳


2017/12/11 桜井@週刊少年ワロス

旅行の写真・続き



燃えるような紅葉を楽しめましたv


「月讀宮」さんに来ました。
ご祭神4柱全てにお参りした後、社務所に居た禰宜さんのような
方に撮影の許可を得に行ったら「別に何処撮っても大丈夫だけど、
玉砂利の中からは出ないで撮影してね」との事。
お社の中の撮影NGはよく言われるし、社務所のお守りの撮影NGと
いう事も言われた事がありますが、こういうのは初めてです!
という事で、ON玉砂利にて撮影開始です。


この風変わりな建築の拝殿を一度見てみたかった!
私の推しメン・アラミタマ様です。
メガテニストならやっぱりアラミタマ様クラスタですよねw



ところで玉砂利の上をウロチョロしてて気付いたんですが、
この「月讀宮」さんは男女の神々が祀られているはずなのに、
全社の千木が内削ぎ・全社の鰹木が偶数(6本)なんですよ。


不思議ですね。
時間があれば神職の方にお話を伺いたかったのですが、残念。


アラミタマ様のお宮の障泥板の黄金色と、背景の紅葉のコントラストが
とてもキレイでしたv


宿泊したホテルには、聖書ではなく古事記が!
さすがお伊勢さんですね~。
古事記はほぼ諳んじているほど好きなので、嬉しいですv


曙光の伊勢湾。


「二見興玉神社」さんの夫婦岩。
ホテルの人が日の出の時間や朝日が出る方向を丁寧に教えて
下さって、ジャストの時間に見られました。


これは古民家カフェでお茶した際の1枚。


相差の方面にも行きました。
海女さんがこれを持って海に潜るという…ヘビーなお仕事だ。
そして刻んである護符が、ドーマンセーマン。
呼び出す紋章(五芒星)と断ち切る紋章(九字)。
不思議な取り合わせですね。






フェリーに乗る前に時間があったので、カキフライ御膳を頂き
ました。揚げ立てでジューシーで、とっても美味しかったv


のんびりしたいい土地でした。
お住まいの方々も大変親切で、素敵なところですね。
いつか再訪出来ますように。
スポンサーサイト



冬大好きv | ホーム | リアルでもネットでも温かい人情
Comment
このコメントは管理人のみ閲覧できます