FC2ブログ

雑記帳


2018/09/05 桜井@週刊少年ワロス

アルミニウムと灰の味


隠れた名作米ドラと噂の「True Detective」シーズン1見ました。
全8話と珍しい構成で、ドラマ枠としては非常に短いんですが
その内容のあまりの濃さに、私ですら1日に1話しか見られない
始末だったんでちょうどよかったです。
連続ドラマというより、インターバル挿んだ超長編映画という
方が相応しい内容でした。地に足が着いた骨太の物語です。

・凄まじいまでの閉塞感と、その中で渦巻く濃密な緊張感
・主役2人=ラスト・コール刑事とマーティン・ハート刑事の
 魅力的な人物像と、彼らを演じている俳優さんら(Matthew
 McConaugheyとWoody Harrelson)の高い演技力
・あちこちに散らばっていた事件解決の糸口が収拾して行く様
・印象に残る台詞の数々(「人間は全員、仲良く手を取り合って
 絶滅すべきだ」とか「俺達は世界は丸いと思っているが、
 俯瞰で観れば環であり、その中で俺達は永遠に同じ事を
 繰り返している」とか。主にラストの台詞が心に残る)
・ド派手な演出は無いが、丁寧に作り込まれたディテール
・渋いOP、毎回違うED、挿入される歌のセンスの良さ
・おっぱいがいっぱいでエロい
・それにも増してラストがエロい。なんなのあのフェロモン…

そんな感じで、ともかく見るのに疲れるほどの力作です。

単なる連続殺人鬼を追う刑事物ではない、それぞれの人生の
軋み合うような鬱然とした軌跡は、吐き気がするほどの
リアリティがありました。
そしてラストとマーティンの、どちらかというと憎み合って
いる妙な関係と、ラスト=ナチュラル上から目線の虚無男&
マーティン=モラハラ不倫野郎という、普通なら好かんタコな
キャラの不思議な吸引力。
メチャクチャ嫌な男2人がそれでも共通しているのは、殺された
被害者に代わって怒り、それを原動力にして執念の捜査を続ける
という、紛れもない正義感。
それこそがラストとマーティンの魅力なんだと思います。
あとラストに関してはエロフェロモンw
字幕派の私は彼の声に腰砕ける思いでしたw

ぜひ他の人にもオススメしたいドラマなのでネタバレは
避けますが、最終話のささやかな希望は本当に胸を
打ちました。
こりゃ凄いドラマ見ちゃったって感じです。


「4コマでわかる海外ドラマ」番外編で台無しにしときますw
スポンサーサイト



邪推邪推アンド邪推 | ホーム | 暑い暑いと思って描いてたから?
Comment